2022年8月11日 (木) 11時00分 ~ 12時00分

台本は推理パズルだ!行間に隠れたナゾを解き明かせ

こどものためのドラマスクールokinawa|オンライン

★★★★★
★★★★★5.0(1)
  • 9歳 ~ 大人
  • オンライン
  • 500 ~
台本の基本的な読み解き方を学びます。オーディション対策にも!

カテゴリー

演劇 国語

タグ

オンライン授業

体験できること

A:わぁ…ありがとう…
B:どういたしまして!

このやりとりを見て(というか、読んで)
どんな場面を想像するでしょうか?

台本には役のセリフと、
ト書(場面や役の動き、心情の説明)があり
ト書を読めばストーリーの全容や、
どんな演技を求められているかはわかる設計になっています。

が、初めて台本を読むときは
小説や物語と勝手が違うので、
ちょっとしたコツが必要ですし、

オーディションともなると、
セリフの一部分だけが切り取られていたりして、
前後の流れがわからないままに
演技をしないといけないこともあります。

行間を読む、という言葉がありますが
台本もこの「行間」(サブテキストとも言う)
をどう読むか、どう想定するかが
説得力のある演技をする手がかりになります。

この講座では、
ほんの1ページのテキスト(台本)を使って
台本を読み解くおもしろさを体験します。

スクールについて

【こどものためのドラマスクールokinawaについて】

「えんげきは、いきるちから」をテーマに、小・中学生向けの演劇教室として2019年、沖縄の那覇市で始まりました。
2020年COVID-19の影響で対面レッスンが難しくなったのをきっかけに、オンラインレッスンをスタート。

沖縄以外の、全国各地のこどもたちと出会えることを嬉しく思っています。

【演劇、という習いごと】

ピアノやバレエ、サッカーや水泳の教室に通うように、演劇教室に通う。
音楽やダンス、スポーツに比べると、演劇の「話す・動作をする」という行為は一見特殊な技能には見えません。

ですが、演じるという行為には、生きていくために必要な力の要素が満載です。

シナリオを読み解く力=思考力や、人に伝わる話し方や表現力、人前に立った時のプレゼンテーション力。
自分と異なる状況の人物について、深く考えることで養われる想像力や共感力。
グループ活動における対話力、協調性、決断力、リーダーシップ。五感をフルに使った観察力。
そしてなにより、自分の身体や意識、感情をコントロールする自律力。

なかでも 「インプロ(即興演劇)」は、台本を基にした演劇と比べ、格段に「即興力・瞬発力」が鍛えられます。
また、自己肯定感を育み、独創力を引き出し、他者と丁寧に関わることを深く学べるジャンルでもあります。
外部からの評価を必要以上に恐れず、のびやかに堂々と自己表現することができ、固定観念を外して幅広い視野・角度でものごとを見るクセが身につきます。

演劇(Play)を通じて夢中になって充分に遊ぶこと、有機的に他者と関わることは、子どもたちの成長に大きな影響を与えます。

演劇は人生のリハーサル。

子どもたちは物語や役柄を通じて世界と向き合い、自分の人生を生き抜くための洞察力を学ぶのです。

チケット料金

オンライン参加費チケット(18歳未満)
参加費チケット

¥ 500 (税込)

オンライン参加費チケット(18歳以上)
参加費チケット

¥ 1000 (税込)

オンライン参加費チケット(親子ペア)
参加費チケット

¥ 1200 (税込)

お支払方法

クレジットカード決済のみ
  • VISA、Mastercard、American Express、JCB、Diners Clubカードをご利用いただけます。
  • 当サイトでは、カード情報の非保持化に対応しておりますので安心して利用いただけます。
  • また、実在性の証明とプライバシー保護のため、SSLサーバ証明書を導入しています。
推奨環境
キッズウィークエンドは、Google Chrome最新版(もしくはSafari最新版)を推奨しております。予めご了承ください。
  • Google Chrome最新版
  • Safari最新版

留意事項

持ち物

筆記用具、メモ用紙

キャンセルポリシーについて

有料チケットをご購入の場合は、イベント開催3日前までにキャンセルいただくと全額返金いたします。3日前を過ぎるとキャンセル致しかねますので、予めご了承ください。

備考

立ったり座ったりできる状態でご参加ください。

おすすめイベント

¥ 500 / 人